スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スッキリしない

09/20
他者から見れば大した事ではないのでしょうが、
自分から見れば、とってもショックな事が起きました

最終合意書の印鑑を押すときに、構造材がスーパー檜になっていたので
無垢材を頼んだはずなので、変更してくださいと頼み
直しておきますって事で、訂正されてないまま印鑑を押しました
土曜日に、現場に行って見たら、柱が来ていて、見てみたら
構造の柱がスーパー檜(集成材)で来ていました

慌てて生産さんの携帯に電話して、確認とってもらった所
生産さんの図面にはスーパー檜で来ているとの事
その場で、工事がストップ、設計さん、営業さんを交えて大騒ぎになりました

訂正するのを完全に忘れていたそうです
今では無垢材を使う人はめったにいないし、
性能的にもスーパー檜のほうが優れている(現場の大工さんにも言われました)
お値段的にもスーパー檜のほうが高いので
ウチに損は無いとか言われましたが、
それを承知で無垢材にしてもらったつもりなので
私には青天の霹靂でした
これを無垢材に変更するとなると、
・工期が遅れる(最短で10日程)→今年中に引渡しできなくなる
・プレカットしたスーパー檜が無駄になる
等etc・・・色々不都合が出るそうで
このままやらせて欲しいと頭を下げられました

我が家は隣のオバサマや車上荒しとかで
とっても迷惑かけているし
頭をさげられてしまうと
とっても心苦しいのですが
私自身が無垢材にこだわりがあったので
とっても悩みました

そんな中、母が
「いいですよ このままやってください
 娘がわがまま言って困らせてすみません
 娘100%の家じゃなく私の家でもあるので
 娘には私からも言います」
と主張して
結果、私が折れて、スーパー檜のまま続行となりました

間違いなく母も出資してくれますし、母との共有で家を建てるのですが
何だか釈然としない
泣きたい気分です

今度、建てられる方は、必ずその場で契約書を訂正してもらってください




ドンマイって思ってくださる方はポチッとお願いします

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Comment
今からでも無垢材にしてもらっては
集成材と無垢材じゃ雲泥の差ですよ。確かに、無垢材で建てる客は少なく住林の注文住宅の3%ほどだそうです。でも、それは住林が集成材を強く勧めているからという理由もあります。

集成材と無垢材は一長一短で、集成材には狂いが少ない、強度計算がしやすい、製材時の強度が無垢材を上回っているという長所が挙げられます。

しかし、集成材は所詮間伐材の継ぎはぎに過ぎず、強度は製材時がピークで後は低下の一途を辿ります。何よりの短所は接着面で水分の流れがシャットアウトされてしまうこと。白蟻が一旦発生してしまうと防蟻剤の加圧注入以外に完全に退治する方法がないことが多いですが、集成材では接着面で防蟻剤が止まってしまいます。集成材で作った土台を見られたことがあると思いますが、多数のしかもあまり厚みのないピースの寄せ集めでできています。防蟻剤を完全に浸透させるには、各ピース毎に加圧注入しなければなりませんが、現実問題として、とても注入できない部位にあるピースもあります。仮にできたとしても、あちこちに穴を開けることになってしまい今度は強度の低下が心配になります。つまり、白蟻が発生すれば駆除は極めて難しいのです。この点は、住林も認めていましたよ。

この他、有機系接着剤がシックハウスで使えなくなり、次善の策として以前から合った水溶性接着剤が使われていますが、経年変化で接着力が低下したとする林産試験所の実験結果もあります。

工務店に聞くと逆に、「集成材なんて材木じゃない(材木本来の性質を失っているの意)、あんなもんやめなはれ」と言われます。これはもちろん、無垢材を売りにしているからという理由もあります。

しかし、住林にも集成材を客に勧めなければならない理由があります。それは、住林が年間7,000棟も建てているという事実です。

私の聞いた、住林の設計次長の次の言葉が全てを物語っていると思いますよ。

「日本中の家を無垢材で建てていたら、あっという間に日本中の山がハゲ山になってしまいますよ」

住林は大きすぎて、本質的に無垢材では建てられないメーカーですが、郡部で一条等に対抗するために仕方なく、無垢材も残しているそうです。

私は、もちろん、無垢材を選択しました。らりさんも今からでも遅くない。直ちに契約どおりの履行を求めるべきだと思います。不注意にも間違えたのは住林ですから遠慮はいりません。一時期土台の集成材一本化の時期がありましたが、私の営業さんは無垢材で約束していたのができなくなったら、契約破棄されても設計料等全額返却しないと仕方ないですねと言っていました。無垢材か集成材はそれほど大きいことです。

最後におせっかいかも知れませんが、お母様に押し切られることが多いようですが、もう少し自分というものを持ったほうがいいですよ。仲良く暮らすことは大切ですが、あまりにも主体性に欠けます。
バリケードは住林のため
なお、隣のオバサマや車上荒しとかでバリケードを作った件ですが、住林に恩義を感じる必要はありません。

そもそも、工事中に第三者による行為で建前に損害が発生した場合、民法第536条で請負人の責任となるのが原則です。住林のような大手HMはどこも会社として損害保険に加入しており、損害が発生した場合は、保険金を住林が受け取り、そのお金で補修や建て直しをすることになります。これは契約書にも謳ってあるはずです。

第三者に侵入を許し、それで、建前を破損されたりすれば、保険を使うことになります。問題は保険料で、何件も起こしていては保険料が高くなってしまいます。

住林がバリケードを作るのは、らりさんのためでもありますが、何より住林のためなのです。
こんばんは。
なんかただ事ではないのはわかるのですが、本当にそれでよかったのかと心配になりました。

我が家はあまりこだわらない方向に動きつつあるのですが、見えなくなる構造の部分だけにあとから後悔しないのかなあと考えてしまいました。

我が家の場合、家以外の部分に相当お金がいることがわかり、今日は家をあきらめるかぐらいまでなってるのですが、ぜひ、いいように向かわれることをお祈りします。
お気持ちお察しします。
主義を通したい気持ちと、工期(引渡し)の遅れなどの現実との折り合いがつかなかったのですね。
お母様にとってはあまりこだわりの無かったところなのでしょう、続行を主張されて
なおさら、ひとり抵抗が難しくなってしまわれたのでしょうね。。。

既に、スーパー檜で続行と相成ったからには、まず、住林の不手際をきちんと認めてもらって、何らかの対価があってしかるべきでは。。。と思います。
例え、スーパー檜の方が高くても!
営業さんには相談されましたか?
はじめまして。初めてコメントさせていただきます。

うちは日(大安とか)の都合で上棟の日を1週間ほどずらしてもらいました。
竣工日がずれるのでは?という心配がありましたが、生産さんより「途中大工さんを増やすなりして、竣工日は当初の予定通りにできるようにします」と言われました。
他の方でも早く家が建っているところもあるようなので、予定通りの竣工は『やればできる』のではないかと思います。

もともと、住林内での連絡ミスですし、それで工期が遅れるとか無駄になるとかはすべて住林の都合なのでらりさんが犠牲にならなくてもいいと思います。

営業さんにも相談して、100%お母様の家でもなくらりさんの家でもあるので、お母様にも相談して、らりさんが納得できる方向にいけるといいですね。

私の対策方法ですが、以前どなかたのブログで『営業さんから生産さんに伝わらない可能性があるので、生産さんの図面のコピーをもらった方がいい』と書いてあったので、着工合意後変更になったところ(うちは着工合意してもまだ決まっていない事がたくさんありました)や、変更をお願いするときは営業・設計・生産担当・場合によってはインテリア担当の3~4人全員に同時にメールを送るようにしています。(さすがにコピーをくださいとは言えないので、必ず伝わるようにしています。)
初めまして。らりさんのお気持ち、お察しします。
無垢にこだわりがあったのであれば、「だからこそ、無垢を選択できる住林にした」と、しっかり伝えて、今からでも変えてもらった方が良いと思います。

これから先何十年も住む家です。今、ここでお母様のお気持ちなどを考えて我慢すると、「自分の家は集成材の家なんだ」と言う思いがずっと残り、「うちは無垢材で建てました」という話をどこかで聞くたびに、気分が重くなると思いますよ。例えば、無垢床にこだわっていたのにフローリングが貼られてた、なんて我慢できませんよね?

向こうも認めている通り、住林側のミスです。
・工期が遅れる(最短で10日程)
・プレカットしたスーパー檜が無駄になる
これらも全て、向こうが責任を負うべき問題で、工期が遅れそうなのであれば、土台を乾かすなどの仕方ない部分は別としても、その後人数でカバーできそうな造作やクロス貼り等は、人数を増やして対応するなど、出来るのではないでしょうか。「無駄になる」スーパー檜は、そこから沢山「きこりん君」を作ってもらい、家中に飾りましょう!

ここで我慢したら、きっとずっと後悔されると思いますよ!お母様が仰る「らりさんだけの家ではない」というのは、同じ事がお母様にも言えるわけで・・・ましてらりさんのワガママなんかでは決してありません!ここで譲ってしまうと、却って今後のお母様との関係に、気持ちにしこりが残りませんか?こだわりの部分は絶対譲らない方が良いと思いますよ。頑張ってください!
初めまして
いつも読ませていただていました(コメント残さずにすみません)
大変なことになりましたね・・・

住林サイドに頭をさげられ、一番味方になってほしいお母様にワガママと言われてしまっては、折れるしかないという流れになってしまいますよね(工期のこともあるでしょうし・・・)

でも明らかに住林サイドのミスであって、らりさんのワガママではなかったと思います
もう工事が続行されているとのことですが、営業さんにもう一度相談されてみてはいかがでしょうか?
変更が無理だったとしても、それならそれで上の方もおっしゃっているようにそれなりお詫び(?)のようなものを要求してもいいと思います

おせっかいなようですが、お母様ともお互いが納得いくまでもう一度よく話し合われたほうがいいのではないかと思います
お2人が同じ方向を向いていたほうが住林サイドにも主張しやすいと思うので

どうからりさんの心がおさまる方向に話がすすみますように・・・
それは、明らかに住林のミス。

嫌だと思って変更した構造体が付くとなると、今後食いの残る家になります。

ここはやはり納得のいくよう、もう一度頼んでみるべきだと思います!
らりさん、ここはやっぱり工事をとめて無垢材でやり直してもらうべきではないでしょうか。
住林がやる気を出せば、これから無垢材を手配してカットをやり直しても、年内に引き渡しもできると思います。
わが家は住林が上期に売り上げたいということで大工さんが増えて3週間以上縮められてますし、ラスカルさんの例だってあるじゃないですか。

サッシやキッチンといった設備ならば後からでもやり替えは効きますが、無垢材か集成材かというこだわりは後からではどうしようもないことだと思います。
とりあえずお母さまを説得するのには時間がかかるかもしれませんので、取り急ぎらりさんから住林に工事のストップを申し入れて、それからお母さまと話し合われてはどうでしょう。
らりさんのわがままなんかじゃないですよ。
ただの、住林のミスです。
らりさんひとりの家ではないけど、お母さまひとりの家でもありません。

木材が届くとあっという間に家の形になって、ますます言いにくい気分になられるかもしれません。
とにかく、工事のストップ宣言だけはいそいで!
こんにちは

スミリン側からはどれくらいの返金と「詫び」が提示されたのでしょうか?それで納得がいくのならいいのですが、そうでないのなら徹底的に「わがまま」ではなく、「最初の注文通り」を貫くべきだと思いますし、まったくそれが間違ってはいないと思います。

「注文通り」を引っ込めることのどこに美徳があるのか、お母様の年代の価値観は理解できなことが多いですね・・・。
大変なことになったのですね…。
心中お察しします。
らりさん自身が無垢材にこだわりがあるということであれば、
本当に納得できる答えが出るまで工事は止めてもらった方がよいのではないかと思います。
みなさんも書かれていますけど、住友林業側のミスなのであちらの主張を完全に呑む必要はないと思います。
工期はおそらくなんとでもなりますし、10日前後のバッファはもともととってあると思います。
設備なんかを決められたときもそうだったと思うのですが、
どうしても譲れないこだわりの部分ってあると思います。
構造に無垢材を使う、というのがらりさんのこだわりだと思うので、
それを我慢したらたぶんずっと後悔してしまうんじゃないでしょうか…。
良い結果になるように祈ってます。
・・・また、ここでもミスが。
ミスは、なぜ起こるのでしょうか・・・
思わず愚痴ってしまいました。。。 

納得の行く対応を営業さんに御願いしましょう!!  
営業さんからしてみれば年間ノルマの中の一棟でしょうが、おそらく皆様が一生に一度の建物なのです。次回は無いのです。。。 強気で!!
ほんとッ信じられないミスですよね。そんな大事な部分を「伝え忘れた」じゃ、引き下がれない気持ちよく分かります。自分だったらなんとか粘って交換させちゃうかも…。現在私も住林で新築中で先日竣工したばかりですが、営業・生産・設計等の連携がうまくいってないようで何度も発注ミスがありました。その一例を挙げると・窓が防犯窓になってなっていない・浴室のオプションが付いてない・散水栓を外したにも関わらず設置されている・極めつけは太陽光補助金申請ができていないため交付決定通知が届かない等、いろいろありました。最後はもう言うのも嫌になりましたよ。しかし一生住む家なので、負けずにお互い頑張りましょうね。
こだわりの家さん
御心配をおかけしました
結局、やり直してもらう事になりました
工期は遅れるかもしれませんが
個人的にはこれでスッキリです
ありがとうございました
またアドバイス宜しくお願い致します
NOKA・夢追うおかんさん
御心配おかけして申し訳ありません
やり直してもらう事になりました
着工合意書に印を押すときは
仕様だけではなく構造にも気を付けて見たほうがいいです
ミス発見の場合はその場で訂正をしてもらってくだいね
後で揉める原因になります
ひゆさはさん
御心配かけまして申し訳ありません
あれからまた色々事情がありまして
柱を作り直して貰うことになりました
工期が延びるかもしれませんが
ほっとしてます
ありがとうございました
あゆあゆさん
初めまして
御心配おかけしまして申し訳ありません
あゆあゆさんの御指摘通りに確認の為、
生産さんの図面とこちらのを照合しました所
色々出てきたので
結局それを含めてやり直して貰うことになりました
ありがとうございます
全く至らない施主であります(、、
これからも宜しくお願いします
nekoさん
初めまして
このたびは御心配おかけして申し訳ありません
結局、やり直してもらう事になりました
これに懲りずにこれからも宜しくお願いします
ゆんたさん
初めまして
こちらもゆんたさんのブログ毎回読み逃げさせてもらってます
コメント残さないで申し訳ありません
その後、色々ありまして結局やり直してもらう事になりました
御心配おかけしまして申し訳ありません
今後とも宜しくお願いします
いもいもさん
御心配おかけして申し訳ありません
結局、やり直してもらう事になりました
工期延びるかもですね
どうしましょうか^^;
はにぃさん
御心配おかけして申し訳ありません
結局、やり直してもらう事になりました
工期が心配ですが
なるようになるかなって少し楽観したい気持ちです
毎日母の愚痴がすごいので
アパートになるべくいないようにしてます^^;
アイスウーマンさん
御心配おかけして申し訳ありません
次回ブログに書こうとは思ってますが
結局やり直してもらいました
> 「注文通り」を引っ込めることのどこに美徳があるのか、お母様の年代の価値観は理解できなことが多いですね・・・。
全くその通りです
が、「注文通り」これが今回ネックになったので・
詳しい事は次回にて
mikkyunさん
御心配おかけして申し訳ありません
結局、やり直してもらいました
母の愚痴がすごいので
当分耳栓が必要かもです^^;
ooトムooさん
御心配おかけしまして申し訳ありません
やぱり口約束はミスの元ですね
今回の訂正騒ぎも口だけで
打合せノートですら記載ありませんでした
結局、やり直しになったのでヨシとすべきなのでしょうかねぇ
シルビーさん
御心配おかけして申し訳ありません
結局やり直してもらう事になりました
生産さんに直メールで頼んだほうが早いのだなってのが
今回嫌って程にわかりました
太陽光の補助金発注してないって・・・絶句
それは酷いですね
御心中お察しします
もう完成されたとのこと、引渡し前によーくチェックしてください><
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

らり

Author:らり
ちょいと隠れオタク入っているかもしれない
いい歳こいてネットゲームを趣味でやってます

もふもふ~♪
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
猫と花のカレンダー(シックバージョン)
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。